Make your own free website on Tripod.com

グランツーリスモ(PS)(技の感動度70%)
(重要な部分は
赤色の文字)

タイトル

マッハの世界 時速1000Kmの壁を超えろ(ちなみに私は1162km)

車種

基本的には4WD 一番やり易いのは、R33スカイラインGT-R V-spec

スペック

全て一番高い奴。 軽量化もステージ3までやる。 レーシングモディファイは自由

カスタマイズ

しない方が良いかも 買った奴を車に取り付けたままいじらない方が良い

モード

マシンテストの最高速度計測

コース

テストコースを選択

やり方

エントリーしたら、スタートを選ぶ。 勿論、マニュアルを選択。

視点は車が後ろから全部見える視点にする。

このモードは、1周したらゴールなのでスタートしたら、逆走(Wrong Way)する。

カーブを全部曲がりきって、直線にきたらいよいよこの技が始まる。 

そして、とにかく1速にして吹かす。 ここでおそらく74、75kmくらいのスピードでタコメーターの針が震えているだろうと思う。

で次にすることは、何を思ったのかいきなり外側の壁に車をぶつける

ここからが、テクニックの見せ所。

まず、壁と車を垂直にし尚且つ、前に横滑りさせる。

その時、うまく行けば車が片輪走行になる。

ここでも、垂直(角度は後ろに20度くらいまでOK)を保つ

片輪走行で垂直を保ったまま進む。

すると、景色がみるみる速くなって行くのが分かるだろう。

この状態を、次のカーブに入っても続ける。

カーブの壁にぶつかった時、最高速度は驚く数値を記録しているだろう。 しかしここまででは、せいぜい800km〜900kmの手前までが限度である。  

1000kmまでの道

タイトルは、1000kmと唄っているので次は1000kmまでの道を伝授。

やり方としては、上に書いてあることをするしか方法がないのだが、押さえておきたい部分としてカーブの出口付近ではすでに1速に落としていること。

直線に入ったらすぐに始める。

直線では、常に垂直且つ横滑り。

カーブで失敗して、クルクル回って吐きそうになってもめげない(笑)などである。

最後に、最も重要なことを教えます。

スピードがどんどん速くなってくるとWrongWayの文字が点滅しだす。

速くなり過ぎた時に、カーブで車の先端つまりバンパーが壁にハマる

ここで如何にハマり続けるかである。 コントローラーの左右で調節すること。

ハマっているにもかかわらず、スピードがどんどん速くなる。

ここで注意!コースの外に飛び出すな。 飛び出したら悲惨である。

車が変な黒いとこに浮かんだまま、戻れないし今まで出した最高速度が記録できないなど良いこと無しである。 話を元に戻すが、ハマって車が限界まできたら弾かれる様に何処かに飛んで行く。

その時、時速900kmの壁を超えマッハの世界が見えているだろう。

そして、音速の向こうに何があるのか自分の目で確かめて欲しい。(臭い、かなり臭いセリフ)